何かと話題のNOAH COIN(ノアコイン)。

元々2018年6月12日に上場予定だったのですが
最短で3月12日上場ということで
かなり前倒しになりましたね。

ノアコインは昨年一度売りに
出されてからというもの、
詐欺コインということで騒がれて、
返金受付もしていたことで話題となりました。

上場すると言っているのに、
未だに詐欺コイン呼ばわりしている方もいますが、
一体何がしたいのか。

今回、上場の前倒しを記念してということで、
3月6日から3000万ドル分の販売を行うようです。

速攻で上場するのが目に見えていますので、
購入される方も多いとは思いますね。

また数分で売り切れる可能性もあるでしょう。

ただ、注意しないといけないのは
長期保有を考えている人は特に関係ないですが
上場後の価格上昇を狙おうとしている場合、
トークンの配布が上場に間に合わない
かもしれないので注意しましょう。

NOAH COIN(ノアコイン)実際どうなのか

NOAH COINですが、
日本ペイとの定提携により、
国内での決済にも浸透する可能性がります。

今現在、日本ペイは代理店を使い、
日本国内に決済用のタブレットの契約を進めていますから、
ノアコインもそのタブレットで
決済出来るようになる可能性は高いでしょう。

そもそも使えないのであれば、
何のために提携したのか意味が分からないですからね。

そして、フィリピン国内でも
ノアシティを始め、
使える機会が増えるのは間違いありません。

それを考えると、
出稼ぎ労働者がノアコイン以外の仮想通貨を購入し
送金するメリットも特にないでしょう。

中にはライトコインや
ビットコインキャッシュなどで
送金もできるからノアいらねえ、
と言っている人もいますが
どうせなら使える通貨を送金するでしょうね。

ノアの場合、ICOによって多額の資金を集めていますし、
それを銀行で運用し増やしていくことも可能。

要するに、インフラ整備する
資金も潤沢にあるということです。

決済系の仮想通貨が色々と出てくるとは思いますが、
決済手段としてどのように社会に浸透させていくか、
ここが非常に重要なことです。

対応する端末がなければ誰も買わなくなるでしょう。

少なくもノアはその心配はないとは思っています。

いろいろな考え方はありますが、
個人的には心配ないと思いますね。

どうなるかの答えは、
今年の年末頃には見えてくるとは思います。


仮想通貨投資(トレード・ICO・マイニング全てにおいて)
は価格の変動が激しく元本割れのリスクがあります。
また想定外のリスクも起こりえますので
投資はあくまで余剰資金かつ自己責任で。

仮想通貨HOT情報ナビでは
LINE@コミュニティを運用しております。

ご不明点・ご質問などコメントお待ちしております!

LINE@登録で下記の特典をお付けしています。

・LINE@会員専用サイトに無料招待

・投資金30万円を稼ぐ方法を提供

・LINE@でしか流さないマル秘ICO案件

【仮想通貨・ビジネス情報コミュニティ】
↓↓↓