2017年は仮想通貨元年と言われるだけあって
ものすごい盛り上がりを見せていますね。

で、仮想通貨の投資案件の中にマイニングをして利益を出す、
という案件も登場しており注目を浴びています。

今回説明をするのはマイニングについて。

専門用語を並べても難しくなるだけですので
できる限り簡単に説明していきます。

マイニングの仕組みと意味

仮想通貨でよくマイニングという言葉を聞くことがありますが、

どのようなことをするのかというと、
仮想通貨取引の履歴を記録するシステムに参加するということです。

仮想通貨の発行や取引はすべて
ピアツーピアというネットワークシステム上で行っています。

取引の履歴、通貨が誰から誰にやり取りされたかという情報は、
やり取りされたコンピュータ間、
システムに参加したコンピュータ内で行われることになります。

で、そのやりとりはマイニングをすることで出来るようになるのですが、
自分でマイニングする必要はなく、どこかの企業がマイニングを行って、
仮想通貨のやり取りをできる状態にしているウォレットを利用することで
処理が出来るようになっています。

マイニングと呼ばれるわけ


なぜ採掘とか、発掘などという言い方をされるのか。

まず前提として、仮想通貨は、
発行上限が決まっているという特徴があります。

ビットコインの場合は2100万枚が上限で、
今現在1600万枚ほど流通していると言われています。

残りはいつ発行されるのかというと、
暗号化システム、取引履歴の記録システムに参加することで、
報酬として手に入れることができます。

これをまだ出回っていない希少なコインを手に入れる様子が、
「鉱山で金を掘り当てる行為」に似ているという理由で
マイニング(採掘)と呼ばれるようになりました。

システム的な話になるので、
特に難しく考える必要はありません。

さて、私藤原はLINE@コミュニティを運用しているのですが、
様々な特典を付けております。

仮想通貨時代に一気に稼ぐための情報なども
完全無料でお届けしているので、
是非ゲットしてください。

~~~~~~~~~~~~
LINE@登録で仮想通貨の
購入~運用までのステップを
完全無料でお届けします。

また登録特典として

・投資金30万円を稼ぐ方法を提供
・仮想通貨・ビジネス情報配信)
・3ヶ月間完結の投資オンライン講座
(動画・PDF)を無料で受けられる権利

をご用意致しました。

ご質問など、なんでも受け付けていますので
お気軽にコメントくださいね!

【投資・ビジネス情報コミュニティ】
↓↓↓
LINE@登録はこちら

ID検索は【@krw3425z】