クラウドセール第1期で
22億円もの資金調達に成功したREGAINですが、
4月1日より第2期が開始しています。

REGAINについての詳細は、
以前投稿しているこちらの記事をご覧ください。

REGAIN(リゲイン)とは

では今回は今のBTCの価格について見ていこうと思います。

今現在のBTC価格は約75万円を推移しています。

REGAINのクライドセール第1期の時のBTC価格は、
200万円を超える相場になっており、
REGAINの配当である1REG=0.034BTCで月利13.6%を謳っていました。

しかし、今現在は価格が下がっているので
REGAINもホワイトペーパー記載の推定月利を更新しましたね。

第2期の推定月利は6.7%になっています。

当初の約半分になりますね。

これはBTCの価格次第になるので目安でしかありません。

以前のようにBTC価格が上昇すれば月利は上がりますし、
今よりもさらに下がるとすれば月利も下がります。

REGAINは月利6.7%でもお得なのか

はい、ここが1番気になる所だと思います。

まずREGAINはトークンを保有している限り
配当が貰えるいわゆるライフタイムコミッションになります。

そして、常にマイニングマシンを最新の状態に
バージョンアップすることが無料で行われます。

そしてREGAINのトークンは取引所で上場後に売買ができる。

この点がREGAINが有利な点になります。

ライフタイムコミッション

他のマイニングサービスでも最近は
ライフタイムコミッションのサービスがありますが、
こちらは機器が古くなってしまえば、
いくらライフタイムといってもマイニングができる量は
下がってきてしまいます。

マイニングマシンも常に最新版が
開発されますから古い機器では
いずれにしても長期間は対応ができないでしょう。

この点REGAINの場合は、
バージョンアップを行いますから
非常に有利と言えます。

トークンが売買できる

ここがREGAINの良いところ。

ほかのマイニングサービスは、
マイニングマシンの購入、
またはリース代として
投資をするのがメインとなるので、
まずその購入費を稼いで初めて利益となります。

しかしREGAINは売買が出来るので、
もし途中で手放したとした時に、
購入時と同じ価格で販売できたとすれば
マイニングした分は丸々利益になります。

仮にトークン価格が上昇していれば
さらに利益になりますし、
逆に下がったとしても売れれば有利です。

REGAINは買いなのか

上記の理由から、
今のBTC価格でも14ヶ月程度で
元が取れますし他のマイニングサービスよりも
有利な点が多いことから個人的にはおすすめです。

未だに世間ではREGAINの
月利を10%以上で紹介している人もいます。

実際の月利はBTC価格で変化しますから、
まずはその辺をしkっかり理解した上で判断しましょう。

REGAIN購入方法

REGAINは公式サイトから購入することが出来ます。

REGAIN公式サイトはこちら


仮想通貨投資(トレード・ICO・マイニング全てにおいて)
は価格の変動が激しく元本割れのリスクがあります。
また想定外のリスクも起こりえますので
投資はあくまで余剰資金かつ自己責任で。

私藤原は
LINE@コミュニティを運用しております。

ご不明点・ご質問などコメントお待ちしております!

LINE@登録で下記の特典をお付けしています。

・LINE@会員専用サイトに無料招待

・投資金30万円を稼ぐ方法を提供

・LINE@でしか流さないマル秘ICO案件

【仮想通貨・ビジネス情報コミュニティ】
↓↓↓