仮想通貨取引所のKraken(クラーケン)が
日本居住者向けサービスを停止するようですね。

停止の理由としては、

「費用に対して収入が見合っていない」

とツイッターで拡散されているメッセージがあります。

停止となるのは日本居住者のみなので
日本非居住者へのサービスは継続されます。

日本での仮想通貨交換業は今現在敷居が高く、
申請を取りやめたりしている企業も出ています。

金融庁により行政処分を受けている業者もあるので、
こういったことも背景にはあるでしょうね。

ここ最近はバイナンスが日本での営業ではなく、
マルタ島に移転するなど、日本から遠ざかる企業が多い。

日本としては国民の資産を海外へ
流出させたくない思惑などがあると思いますが
バイナンスなどの大手取引所を逃したのは
結局のところ税収を減らすことになるような気もしますね。

日本の取引所は取扱通貨も少なく、
正直個人的にはあまり魅力がない。

海外取引所の利用をして欲しくないのであれば、
ある程度優良な仮想通貨自体の取り扱いが出来るように
整備を進めて欲しいものですね。

今回のクラーケンも日本の取引所にはない通貨があったので登録していた人も多いでしょう。

入金・入庫の最終日は5月中旬、売買取引は6月中旬、出金・出庫は6月下旬を予定しているとのことなので、利用者は今のうちに資金を移動させるなりしておきましょう。


仮想通貨投資(トレード・ICO・マイニング全てにおいて)
は価格の変動が激しく元本割れのリスクがあります。
また想定外のリスクも起こりえますので
投資はあくまで余剰資金かつ自己責任で。

仮想通貨HOT情報ナビでは
LINE@コミュニティを運用しております。

ご不明点・ご質問などコメントお待ちしております!

LINE@登録で下記の特典をお付けしています。

・LINE@会員専用サイトに無料招待

・投資金30万円を稼ぐ方法を提供

・LINE@でしか流さないマル秘ICO案件

【仮想通貨・ビジネス情報コミュニティ】
↓↓↓