2018年8月29日ノアコインの価格が上昇を始めました。

上昇している理由はやはり
フィリピンのカガヤン経済特区にノアが【基軸通貨】となる
仮想通貨取引所の設立を発表したからでしょう。

この内容は、先日リッツカ—ルトン東京で行われた
フィリピン・カガヤン州経済特区【CEZA】が開催する
仮想通貨ビジネスライセンスの事業説明会でのこと。

ノアファンデ—ションのアザム氏もパネラーとして出席。

アザム氏はスピーチの中で、ノアはCEZAと協力して、
ノアを基軸通貨とする仮想通貨取引所を
フィリピンカガヤン州経済特区【CEZA】に設立する事を発表。

この【CEZA】には大手取引所からもライセンスを取得したいと、
問い合わせが殺到している状態ですが、いち早くノア基軸となる
取引所がライセンスを取得したということですね。

これを受け価格上昇

0.12円程度まで下げてきていた価格は、
一時0.4円を超えて来ていました。

まだICO価格までは戻してはいませんが、
底値では0.075円程度まで下落していたので、
その時仕込んでいた人たちはかなりの利益が出ていますね。

NIPPON PAY(ニッポンペイ)のAmazon Pay発表も関係?

ノアが提携している
NIPPON PAY(ニッポンペイ)の決済端末で
Amazon Payの決済が出来るようになりました。

インバウンド向け決済を充実させるために、
ニッポンペイの決済端末が広まっていくチャンスでもあります。

この決済端末が広まり、
そこでノアコインの決済が出来るようになるとすれば、
また価格上昇してきそうです。

ライバルもこれから出てくる決済端末ですが、
Amazon Payのネタで利用する店舗を増やしていってほしいですね。

まとめ

世間では詐欺コインと言われることもありましたが、
フィリピンカガヤン経済特区での基軸通貨ともなるので、
ここまでこれば詐欺コインの汚名はもう晴らせたでしょう。

あとはICO価格まで戻すことができれば、
ICO参加者も少しは気が楽になると思います。

ノアコインも早く送金に使われるようになるといいですね。


仮想通貨投資(トレード・ICO・マイニング全てにおいて)
は価格の変動が激しく元本割れのリスクがあります。
また想定外のリスクも起こりえますので
投資はあくまで余剰資金かつ自己責任で。

仮想通貨HOT情報ナビでは
LINE@コミュニティを運用しております。

ご不明点・ご質問などコメントお待ちしております!

LINE@登録で下記の特典をお付けしています。

・LINE@会員専用サイトに無料招待

・投資金30万円を稼ぐ方法を提供

・LINE@でしか流さないマル秘ICO案件

【仮想通貨・ビジネス情報コミュニティ】
↓↓↓