コインチェックに仮想通貨の積立投資
貸仮想通貨サービスがあります。

このサービスは、単純に自分たちが保有している
仮想通貨をコインチェックへ貸すというもの。

それを一定期間あずけて利息を貰うという流れです。

で、預けた資金は期日まで引き出しができないので
銀行の定期預金をイメージしておけばいいです

ただ、銀行に預けておくよりは利息は段違いに良いです。

14日間:年率1%
30日間:年率2%
90日間:年率3%
365日間:年率5%

と、このような利率です。

日本の銀行の金利は0.001%というような、
無いに等しい金利なので比べものになりません。

で、このサービス、コインチェックの場合は
ビットコイン以外のアルトコインにも対応しているので、
相場がどうなろうと長期保有すると決めているなら、
預けるという選択もありです。

貸仮想通貨サービスのリスク

はい、銀行の金利よりは格段に金利がいいのですが、
リスクを少しお話したいと思います。

・本サービスは、資金決済法に基づく仮想通貨交換業としてのサービスではありません。したがって、本サービスで当社が借入れる仮想通貨は、分別管理の対象とはなりません。
・仮想通貨の価格は、常に変動しており、貸付時と返却時では価格が異なるため、お客様は仮想通貨の価格変動リスクを負うことになります。
・貸仮想通貨サービスをご利用いただくに当たり、当社と締結いただく契約は「消費貸借契約」であり、無担保契約です。従って、当社が破綻した際は、お客様の貸付けた仮想通貨が返還されないなどのリスクを負うことになります。
・当社が借入れた仮想通貨に関しては、指定された期間が経過するか、当社が返却するまでは、売却及び他への送信はできません。
・本サービスは預金商品ではなく、預金保険の対象ではありません。

これはコインチェックが出しているものですが、
要は、コインチェックが潰れたら、
預けた仮想通貨は返って来ないよってことですね。

1、の分離管理ではないというところ、
これで分離管理なら、自分たちが預けた通貨は
わけて管理してくれているから
無くなりません。

しかしこのサービスでは分離管理しないということなので、
倒産したら返ってこないよってことです。

「当社が破綻した際は、お客様の貸付け
た仮想通貨が返還されないなどのリスクを負うことになります」

って、しっかり書いてありますね。

あとは、価格の変動リスクです。

預けた時よりも相場が安くなっていれば安くなります。

これは貸仮想通貨サービスを利用せずとも、
持っていれば伴うリスクですね。

最後は、預金保護ではないということです。

銀行の場合は預金保護が有り金融機関が潰れても
元金1000万円までは保証されますが、
この貸仮想通貨サービスは補償がありません。

なのでコインチェックが倒産したら返ってきません。

まとめ

この貸仮想通貨サービスは、
利息は仮想通貨で支払われます。

なので枚数が増えるので、
本当に長期保有するのであればやってもいいと思います。

しかし、ファンダメンタル的な
下落材料がある前に売りたいとか、
そういった事を考えている方には
預けている内は何もできないので
おすすめしません。

気になる人は
一番短い14日のプランで試してみてもいいと思います。

ご利用の際はコインチェックのアカウントが必要ですので、
こちらからまずアカウントの作成をしましょう。
コインチェック詳細と登録はこちら

さて、私藤原は
LINE@コミュニティを運用しているのですが、
様々な特典を付けております。

仮想通貨時代に一気に稼ぐための情報なども
完全無料でお届けしているので、
是非ゲットしてください。

~~~~~~~~~~~~
LINE@登録で仮想通貨の
購入~運用までのステップを
完全無料でお届けします。

また登録特典として

・投資金30万円を稼ぐ方法を提供
・仮想通貨・ビジネス情報配信)
・3ヶ月間完結の投資オンライン講座
(動画・PDF)を無料で受けられる権利

をご用意致しました。

ご質問など、なんでも受け付けていますので
お気軽にコメントくださいね!

【投資・ビジネス情報コミュニティ】
↓↓↓
LINE@登録はこちら

ID検索は【@krw3425z】