ビットコインの次に
有名といっても過言ではないイーサリアム。

仮想通貨取引所のほとんどが
イーサリアムを取り扱っているため、
名前を聞いたことがある方も多いと思います。

イーサリアムは次世代を担う
テクノロジーによるプラットフォーム。

ネットニュースやテレビの
情報番組では仮想通貨=ビットコインというように
ほとんどのメディアがビットコイン取り上げられていません。

大型家電量販店などで導入されている決済機器も
ビットコインしか対応していませんが、
実際のところ仮想通貨と言っても
1000種類以上も存在しています。

メディアとしては有名な仮想通貨を紹介したほうが
話題になるので人気がない通貨はほとんど紹介されません。

メディアに特集されるのはその中のトップのみです。

イーサリアムの時価総額は第二位に位置しており、
業界全体を牽引する仮想通貨となっています。

イーサリアムは2013年に
ヴィタリック・ブリテンという人物により設計が
開始されたので、若干遅咲きの感もありますが、
2014年7月のリリース以降著しく成長し
日本市場でも2015年から取引されています。

イーサリアムの特徴

イーサリアムはビットコインとは
特徴が大きく異なります。

ビットコインは主に決済手段として用いられますが、
イーサリアムはアプリケーション作成の
プラットホーム。

イーサリアムのアプリケーションを利用して
誰でもアプリケーションを作成することが可能です。

ビットコインでもビットコインのアプリケーションを使用し
アプリケーションを作成することが可能ですが、
イーサリアムの方が柔軟に設計されているということもあり、
幅広く作成できる点が支持されています。

スマートコントラクト

「スマートコントラクト」は
「スマートな契約(contract/コントラクト)」
という意味です。

つまりスマートコントラクトを
イーサリアムではブロックチェーン上に
作成することができるので、
取引と一緒に契約の記録を残せるのです。

単純にお金の貸し借りなどの契約を
ブロックチェーン上に残せるので、

今まで中央機関が保証してくれていた
(裁判所・登記所・銀行等々)
事がイーサリアムを使えば不要になるということですね。

実際に第三者機関に頼れば必ず費用と時間が掛かります。

しかしそれらをすべて短縮できるので、
人気が出ているのです。

イーサリアムの今後

イーサリアムを利用したアプリケーションが、
次々と誕生しており、都度注目を集めています。

今現在、まだまだ実験段階なので、
すぐに契約に使えるようになるかは未定ですが、
脆弱性が無くなれば今以上に人気が出て
価格が上昇する期待が持てます。

イーサリアムを保有するのであれば
取引所への登録が必要です。

ビットフライヤー詳細と登録方法はこちら
コインチェック詳細と登録はこちら

イーサリアムを保有するだけなら
ビットフライヤーへの登録がおすすめ。

その他のアルトコインも買いたいという方は
コインチェックがおすすめです。


仮想通貨投資(トレード・ICO・マイニング全てにおいて)
は価格の変動が激しく元本割れのリスクがあります。
また想定外のリスクも起こりえますので
投資はあくまで余剰資金かつ自己責任で。

仮想通貨HOT情報ナビでは
LINE@コミュニティを運用しております。

ご不明点・ご質問などコメントお待ちしております!

LINE@登録で下記の特典をお付けしています。

・LINE@会員専用サイトに無料招待

・投資金30万円を稼ぐ方法を提供

・LINE@でしか流さないマル秘ICO案件

【仮想通貨・ビジネス情報コミュニティ】
↓↓↓