仮想通貨が普及してきていますが、
セキュリティ関係については疎い人が多く、
中には2段階認証もせずに
取引所に置いておいている人もいます。

今までの日本の感覚の場合、
取引所は銀行というように感じでいる人もいると思いますが
それは大間違い!

仮想通貨を取引所に置いてあるということは、
常にハッキング被害と隣り合わせであるという認識を持ちましょう。


極端な話、2段階認証もせずに取引所に
仮想通過を置いておくということは、
丸裸の現金を道端に置いておくようなもの。

持って行ってくださいね、と
言っているのと同じだと思ってください。

せめてblockchain.infoなどの
ウォレットにアカウントを作成し、
2段階認証ペア認証を設定して管理しましょう。

で、前置きが長くなりましたが今回紹介するのは、
コールドウォレットに仮想通貨を保管するという方法です。

順を追って説明してきますね。

コールドウォレットとは

コールドウォレットというのは、
ネット環境に接続していない状態で保管が出来るウォレットの事で、

紙で保管する【ペーパーウォレット】

専用のハードで保管する【ハードウェアウォレット】

があります。

オンラインで管理する取引所のアプリなどを、
ホットウォレットと言います。

コールドウォレットのメリット・デメリット

コールドウォレットの一番のメリットは
紙媒体・専用ハードで管理する為、オフライン状態なので、
ハッキング被害に遭うことがない。

その為セキュリティーとしては一番安全な保管方法と言われています。

デメリットとして。

ペーパーウォレットは汚れたり
文字が薄れる経年劣化が起こった際に
パスワードが見れなくなる可能性がある。

こうなると読み込めなくなり取り出せなくなります。

ハードウォレットも紛失や故障・破損で読み取れなくなる可能性があります。

いずれも保管方法に注意が必要です。

また、オンラインのアプリなどはほとんどが利用無料ですが、
ハードウェットは8,000円~高いもので20,000円以上と高額です。

ペーパーウォレットとは

ペーパーウォレットは紙のウォレットで、
上の写真のようなものでQRコードを読み取ることで保管・引き出しが出来ます。

passが分かってしまうと誰でも取り出せることができるので、
仮想通貨を保管しているペーパーをネット上に載せるなどの行為は止めましょう。

ハードウォレットとは

ハードウェットとは上の写真のようなものです。

この専用ハードに仮想通貨を移動させオフラインで管理します。

初期設定などが少し手間取りますが、
複数の仮想通貨を管理するのは便利なので、
個人的にはハードウォレットがおすすめです。

価格と保管できる仮想通貨の種類が多い、
このウォレットが使いやすくていいです。

ハードウェアウォレットは、
メルカリやヤフオクなどから絶対買わないこと。
何を仕込まれているか分かったもんじゃありません。

Ledger Nano S正規品

このLedger Nano Sの対応通貨はビットコインをはじめ、
ビットコインキャッシュ、イーサリアム、
イーサリアムクラシック、ドッジコイン、
ダッシュ、ゼットキャッシュ、ライトコイン、
コモドコイン、ストラティス、PoSWです。

このウォレットの初期設定は、
この動画がわかりやすいです。

まとめ

仮想通貨の価格も日に日に上昇してきています。

長期保有を選択する方も多いと思いますので、
特にそういった方はコールドウォレットを利用してください。

コインチェックやビットフライヤーの場合、
2段階認証していて、ハッキングで盗まれた場合
100万円まで保証があったりしますが、
それ以上の金額を保有している方は、
または何の保証もない取引所で保管している方は、
後悔する前にコールドウォレットを検討してくださいね!

さて、私藤原は
LINE@コミュニティを運用しているのですが、
様々な特典を付けております。

仮想通貨時代に一気に稼ぐための情報なども
完全無料でお届けしているので、
是非ゲットしてください。

~~~~~~~~~~~~
LINE@登録で仮想通貨の
購入~運用までのステップを
完全無料でお届けします。

また登録特典として

・投資金30万円を稼ぐ方法を提供
・仮想通貨・ビジネス情報配信)
・3ヶ月間完結の投資オンライン講座
(動画・PDF)を無料で受けられる権利

をご用意致しました。

ご質問など、なんでも受け付けていますので
お気軽にコメントくださいね!

【投資・ビジネス情報コミュニティ】
↓↓↓
LINE@登録はこちら

ID検索は【@krw3425z】