吉田慎也がマイニングシェアバンクという
仮想通貨マイニング案件を出してから1ヶ月近く経ちますが、
また動きがありました。

どうやら以前この
マイニングシェアバンクをやりたくても
お金がないからと諦めてしまっていた方のために、
再募集をするんだそうです。

よくやるわ~と思いながらも、
オファーのかけ方が煽りに煽りまくるので、
これはちょっと危険すぎ。

と、いうことで今回はこのマイニングシェアバンクの、
ちょっと怪しいんじゃない?というポイントについて
突っ込んでみたいと思います。

そもそもマイニングシェアバンクってなに?

マイニングシェアバンクは、

「国内初のクラウドマイニング会社」

ということで売り出している案件です。

まぁ国内初というだけですし、
あ、そうですかで終わりです。

クラウドマイニングというのは、
マイニングしている企業に投資をするという内容。

このマイニングシェアバンクも、
中身を見てみると
マイニングは中国で実施していますから、
中国でのマイニングに投資をするということになります。

マイニングって何?

マイニングというのは
仮想通貨を得る行為のことです。

簡単な説明があるので
こちらの動画を見てみてください。

マイニングは稼げるのか

マイニングはやり方によって稼げます。

マイニングをするには多くの電力を使用します。

その為電気代の安い国でなければ
採算が合いませんから
電気代が安い中国などに
マイナーが集中しています。

あとはマイニングする機械の性能ですね。

これがキモとなりますが、
結局は演算処理を早く
おこなった人へ支払われるので、
性能が低ければ負けます。

電気代の安い国で高性能の機器を
使用しマイニングすれば、
儲かる可能性は高いでしょう。

上記の儲かる条件に当てはめて考えてみる

①消費電力

マイニングシェアバンクの
マイニング工場は中国なので
電気料金は安いです。

しかし今中国は仮想通貨に対して
結構シビアな規制をしています。

国の規制としては関係ないですが、
中国のある電力会社はマイニング企業への
電力供給をやめたとか。

中国だけにしかマイニング工場がないのは怖いですね。

マイニング機器

マイニングシェアバンクのマイニング機器は
GPU(グラフィック・プロセッシング・ユニット)
を使用しているようです。

しかし今の時代GPUでは勝ち残るのは厳しいでしょう。

今現在の主流は

「ASIC」
(特定アプリケーション向け集積回路)

という消費電力を抑え、
よりスピーディにマイニングができる
機器を使用しています。

なのでマイニングシェアバンクでは、
おそらくこの先、生き残っていくのは厳しいでしょうね。

ビットコインだけじゃなくてイーサも掘れる

マイニングシェアバンクは
イーサリアムも掘れますという
案内もあるようですが、
今からイーサリアムのマイニングを
やるのは得策ではないですね。

イーサリアムは、ビットコインと同じく、
PoW(プルーフ・オブ・ワークス)
という方法によって取引の証明をしていますが
いずれPoS(プルーフ・オブ・ステーク)
という方法に切り替わります。

そうなるとマイニングが意味ないので。。。

他の仮想通貨に切り替えられるならいいですが、
そのあたりのアナウンスはありません。

マイニングシェアバンクのどこが怪しい?

はっきり言いますが、
私は100%儲かるとかリスク0というような文言を
書いているオファーはすべて詐欺
だと判断しています。

当たり前ですね。

100%儲かる投資なんてないんですから。

このマイニングシェアバンクも
このようなことが書いてあります。

国内初のクラウドマイニングサービスを本邦初公開!!

今すぐクラウドマイニングをはじめ、

知識0、リスク0、作業0で、

毎月100万円以上のビットコインを

個人で生み出し始めませんか?

はい、リスク0です。

そしてマイニングで
毎月100万を生み出すと書いてありますが、

一般の方が今の時代、マイニングで
100万円生み出すにはかなりの投資が必要です。

2000万円は投資資金が欲しいと思ったほうがいいです。

計算が合わないのが怪しい

まずこれを見たあとに、
こちらを読むと矛盾しまくりなところが。

吉田慎也さんは

「月収3,000万円」
「平均日利100万円以上」

のマイニング報酬を貰っていると断言しています。

さらには、「500人以上」の、
クライアントも抱えていて、

「利用者全員が」
「例外なく」
「毎月10〜100万円」

のマイニング報酬を手に入れているとの事。

毎月2000万円の利益が出るファームを
持っているだけでは全く足りませんね。

他にもあるのかもしれませんが・・・・。

まぁ怪しすぎますよ。

こんな煽りくれながれも

このマイニングシェアバンクの特商法には

本商品に示された表現や再現度には個人差があり、
必ずしも利益や効果を保証したものではありません。

としっかり書いてあります。

おすすめはこれ

上記からも変なマイニング投資をすると
危険ということがご理解いただけたと思います。

そんな中私がオススメするのはこちらの案件です。

最新のASIC開発に成功した企業との提携でスタートした、
本物のマイニングです。

BRM仮想通貨マイニングとは


仮想通貨投資(トレード・ICO・マイニング全てにおいて)
は価格の変動が激しく元本割れのリスクがあります。
また想定外のリスクも起こりえますので
投資はあくまで余剰資金かつ自己責任で。

仮想通貨HOT情報ナビでは
LINE@コミュニティを運用しております。

ご不明点・ご質問などコメントお待ちしております!

LINE@登録で下記の特典をお付けしています。

・LINE@会員専用サイトに無料招待

・投資金30万円を稼ぐ方法を提供

・LINE@でしか流さないマル秘ICO案件

【仮想通貨・ビジネス情報コミュニティ】
↓↓↓