人気仮想通貨の一つリップルの
ロックアップの話題がちらほらと出てきていますね。

これはリップル社により
2017年5月に正式に発表されたもので、
550億XRPのロックアップを行うというものです。

単純に550億XRPもロックアップするのだから
相場が上昇するという思惑からの買いが入りそう。

しかし・・・・懸念点もあります。

そもそもリップルのロックアップって何?

リップルは今現在約1000億XRP発行されています。

そしてそのうち660億XRPを
リップル社が保有しているんですね。

なので、今までは価格が上昇したタイミングで
リップル社がXRPを売りに出す・・
というようなことから買えなかった人もいます。

そしてリップル社が公表した内容が、
リップル社が保有している640億XRPの内、
550億XRPを2017年末まで凍結し、
2018年以降、毎月10億XRPずつ解除していく、
というものです。

そしてこの凍結の条件が、

①2017年末までにリップル社が保有する640億XRP中550億XRPを凍結

②2018年から毎月10億XRPの凍結解除。”この10億XRPはリップル社が自由に売却・配付可能”

③10億XRP中余ったXRPは月末に55カ月間再凍結

これがリップルのロックアップです。

ロックアップはまだ行われていない

文章からすると、
すでにロックアップ済みとも思われましたが、
2017.12.3現在、まだロックアップはされていません。

残り約1ヶ月の内に、
ロックアップが行われる予定ですから、
リップルがXRPを一気に売ることは無い、と
いう思惑が出始めているんですね。

ここで懸念点

たしかに550億XRPもの量を
ロックアップするのはすごいことですが、
2018年から10億XRPを凍結解除し、
この10億はリップル社は自由に売買・配布が出来るんです。

この10億XRPは今の価格からすると約300億円ですから、
一気に売るとすれば結構な影響力はあります。

そもそも市場にでているXRPの量は、
今までの最高で月6億XPRで、2017年においては
月1億XRP程度だということです。

なのでリップル社が放出するXRPの量は、
今までと特に変わることはないと捉えることもできます。

そして、リップル社には
今現在ロックアップをしたとしても、
残り100億XRPは持っている。

このあたりを考えなければ、
買う人がいるとは思うので価格は上昇するかもしれません。

リップラー達のポジショントークのような見方もできます。

ここ1ヶ月の価格は注意深く見ていきたいですね。


仮想通貨投資(トレード・ICO・マイニング全てにおいて)
は価格の変動が激しく元本割れのリスクがあります。
また想定外のリスクも起こりえますので
投資はあくまで余剰資金かつ自己責任で。

仮想通貨HOT情報ナビでは
LINE@コミュニティを運用しております。

ご不明点・ご質問などコメントお待ちしております!

LINE@登録で下記の特典をお付けしています。

・LINE@会員専用サイトに無料招待

・投資金30万円を稼ぐ方法を提供

・LINE@でしか流さないマル秘ICO案件

【仮想通貨・ビジネス情報コミュニティ】
↓↓↓