2017年11月27日から2018年2月末まで
ICO期間となるBankera(バンクエラ)。

ICO期間が長いため徐々に買い増しの予定ですが、
Bankeraは10億BNKごとに0.001€ずつ値上がりする
ソフトキャップが導入されているので
早めに参加するほうが割安に購入する事ができます。

2018.1.26追記
2018.1.26 現在の価格は0.02€です。

バンクエラとは

Bankera(バンクエラ/通貨コード:BNK)は
仮想通貨の銀行プラットフォームです。

実際の法定通貨で行われている
決済や預金、ローン、投資といった
銀行業務を仮想通貨で同様に再現し、
仮想通貨資産を運用・管理するという構想。

Bankeraの運用実施地域ごとに
銀行ライセンスを取得していき、
仮想通貨資産を分散することで
従来の銀行のような中央集権を回避。

それによりひとつの銀行の
破綻がもたらす多大なリスクを回避することが可能。

そしてクロスボーダーかつ
低い為替レートでの取引を実現する
仮想通貨ならではのリスク分散構造を構築している。

BankeraバンクエラICOの発行枚数と価格

バンクエラは既にプレICOが
発行上限(25億BNK)まで完売しています。

プレICOで調達した金額は1ユーロ130円換算で32.5億円。

すでにかなりの資金が集まっていますね。

今回ICOでは総発行枚数(250億BNK)の
30%となる7,500,000,000BNK(75億BNK)が
ICOで発行されます。

価格は1BNKあたり0.017~0.024€で購入が可能です。

このICOがすべて完売すると
197.6億円になりプレICO分と合せると
230億円もの資金調達をすることになります。

バンク案件ならではの調達額目標ですね。

まだ日程は決まっていませんが、
SCO(セカンド・コイン・オフェリング)にて
30%が新たに発行される予定です。

Banker(BNK)の発行枚数と割り当て

今現在すでに
総発行枚数:25,000,000,000BNK(250億BNK)に対し
プレICO(25億BNK)と経営・社員
・アドバイザー等・報奨金制度に
あてられるものの一部が発行済みです。

今回のICOでは全体の30%
(7,500,000,000BNK(75億BNK))
が発行されます。

そしてICOの期間中にこの30%が
全て売れない場合、残りの
トークンはプレICOとICOの
BNKトークン保有者に按分されます。

残りが付与されるのは、
参加者にとってはありがたいですが、
果たして売れ残るか。。

残り30%のトークンは将来
SCO(セカンド・コイン・オフェリング)で
発行されるようです。

そして最後の30%は
経営・社員・アドバイザー等に分配されます。

BankeraバンクエラICO参加の考えられるメリット

今回、このバンクエラは
他のICOと違い、既に取引所(SpectroCoin)や
デビットカードの発行などから
利益を出している実績がある会社なので、
安心材料もあります。

価格もやはり安いうちに購入することで、
上場後に価格が上昇した際に恩恵が受けやすいです。

またBNK保有者への特典として
バンクエラの純取引利益の20%を毎週配布されます。

これはバンクエラの
純取引利益の20%から構成され、
BNKトークン保有者にこの利益を按分。

配分は現在発行済みの
BNKトークンの持分から按分されます。

Bankeraバンクエラの評判

Bankera自体が仮想通貨の銀行なので
BNKの売却、つまりトークンの
取引所上場の心配をしなくても良いのがいいですね。

プレセール(pre-ico)前までは
詐欺だのと叩かれていましたが
実際に配当が入りだしたことや、
プロジェクトがしっかりと動いていることが
確認できてからはマイナスの評判は
ほとんど見なくなっています。

こういったことから、
ICOも順調に資金を調達していくことが予想されます。

また今回、安心材料として注目されているのが、
NEM財団の代表取締役社長であり
最高経営責任者のロン・ウォン氏が
アドバイザーに就任
しており、
突然ドロンする、といった心配も無さそうです。

2018.1.26追記  ここから

バンクエラのBNKトークンは、
自らの取引所に上場後、
他の仮想通貨との交換時に基軸として使われるようです。

しかも手数料無料ということです。

※日本語字幕対応しています。

BinanceのBNBや
KucoinのKCSのように需要も
見込めるので期待できますね。

また、バヌアツの銀行を買収したようですね。

本当にプロジェクトが
進行しているのか不明なものが多い中、
しっかりとプロジェクトが進行しているのは高評価です。

バンクエラの場合は、
テレグラムで定期的に情報を発信してくれているので
気になる方は登録しておいてもいいでしょう。

ここまで

Bankeraバンクエラの買い方

まずBankera(バンクエラ)を買うには

ユーロ、ドル、ポンド、
ビットコイン、ダッシュ、
イーサリアム、ネムの

どれかが必要になります。

次はBankera(バンクエラ)
を手に入れるために
SpectroCoinに登録します。

Bankera(バンクエラ)の公式ページにアクセス

【Bankera(バンクエラ)公式ページ】

赤枠で囲んだ「GET BNK」をクリック。

ちなみに右上の「EN」のところをクリックして
「JA」に変更すると日本語表記に変更できます。

まずは右上赤で囲んだ地球マークを押し
「日本語」を選択する。

赤枠で囲んだ部分にメールアドレスを入れて登録。

メールアドレスを入力し
パスワードを入れればOKです。

メールアドレスとパスワードを入れたら
「申し込む」をクリック。

申し込みをしたメールアドレスに
メールが送られてくるので、そのメールに記載がある
URLをクリックすればアカウント作成が完了です。

SpectroCoinにビットコインを送金

動画も撮りましたので参考にどうぞ。

SpectroCoinにアカウントができたら
ビットコインを送金します。

まずはSpectroCoinのアカウントページを開き、
入金というところををクリックします。

そしてビットコインを入金するをクリック。

そうすると、
ビットコイン送信アドレスが出てくるので、
アプリでQRコードを読み込んで支払いをしてもいいですし、
赤枠に囲んである部分のアドレスに送金をしてください。

バンクエラ(BNK)に両替する

ビットコインの送金が終わったら、
BNKに両替をします。

両替取引をクリックすると、
この画面になります。

両替するアカウントを
ビットコイン(BTC)に選択する。

お受け取りアカウントは
バンクエラ(BNK)を選択する。

赤枠の部分に両替する分のBTCを選択し、
画面したの送信するをクリック。

バンクエラは最低購入数は決まっていないので、
1000円などの小額からでも参加可能です。

【Bankera(バンクエラ)公式ページ】


仮想通貨投資(トレード・ICO・マイニング全てにおいて)
は価格の変動が激しく元本割れのリスクがあります。
また想定外のリスクも起こりえますので
投資はあくまで余剰資金かつ自己責任で。

私藤原は
LINE@コミュニティを運用しております。

ご不明点・ご質問などコメントお待ちしております!

LINE@登録で下記の特典をお付けしています。

・LINE@会員専用サイトに無料招待

・投資金30万円を稼ぐ方法を提供

・LINE@でしか流さないマル秘ICO案件

【仮想通貨・ビジネス情報コミュニティ】
↓↓↓