MyEtherWalletはイーサリアムを保管できるウォレットとして代表的なものです。

最近のICOではイーサリアムを資金調達する際に
「ERC20」というトークンが利用される事があります。

ERC20って?と思うかもしれません。

今回はMyEtherWalletの説明ですので
ERC20については省きますが、
ERC20という規格があると思っていただければいいです。

そしてこのMyEtherWalletはERC20に対応しているので、
ICOでERC20の指定があればMyEtherWalletを開設しておけば特に問題はありません。

MyEtherWallet(マイイーサウォレット)の登録方法

登録の前に公式サイトへアクセスしましょう。
MyEtherWallet公式サイトはこちら

こちらが公式サイトになりますが、
初めてアクセスする場合は言語設定が
英語になっている可能性があるので、
上図の上の赤枠部を日本語に設定しましょう。

そして画像中央にあるpass入力をして、
『お財布の作成』をクリックします。

Keystoreファイル/秘密鍵の保存

そうすると上画像のページに飛ぶので、
Keystoreファイルを保存します。

これはとても重要なファイルになるのでダウンロード後は、
無くさないように保管してください。

そしてダウンロードが終了したら、
『理解できました。続けます。』をクリックします。

そうすると下画像に飛びます。

画像の黒塗りの部分に秘密鍵が記載されています。
とても重要な内容ですので印刷をして金庫に保管するなど、
絶対に忘れないようにすることと、
他人には絶対に知られないようにしてください。

秘密鍵を控えたら
『アドレスを保存してください』をクリックします。

先ほど入手したファイルか秘密鍵でお財布情報の確認ができます。

秘密鍵を選択すると、秘密鍵の入力画面が表示されるので、秘密鍵を入力し
『アンロック』をクリックします。

MyEtherWalletのアドレス

ICO参加で、トークン配布先の
アドレスを入力することがありますが、
その際には上図の赤枠部のアドレスを入力します。


仮想通貨投資(トレード・ICO・マイニング全てにおいて)
は価格の変動が激しく元本割れのリスクがあります。
また想定外のリスクも起こりえますので
投資はあくまで余剰資金かつ自己責任で。

私藤原は
LINE@コミュニティを運用しております。

ご不明点・ご質問などコメントお待ちしております!

LINE@登録で下記の特典をお付けしています。

・LINE@会員専用サイトに無料招待

・投資金30万円を稼ぐ方法を提供

・LINE@でしか流さないマル秘ICO案件

【仮想通貨・ビジネス情報コミュニティ】
↓↓↓