今回紹介するICO案件はPATRON(パトロン)。

2018年、個人的に非常に期待している案件の1つです。

年始頃から色々なメディアに
記事が掲載されていたこともあり
知っている方も多いかもしれませんが、
このPATRONがどのような仮想通貨なのか解説します。

indaHashもマイナー取引所上場で
6倍近くの値をつけています。

インフルエンサー系の
仮想通貨は期待されるということでしょうね。

2018.2.6追記

2018.4月にHITBTCへ上場するという情報を得ました。
非常に早い上場となるので資金拘束を嫌う人にもオススメです。

今現在50%ボーナス期間です。

PATRONとは

PATRONは
インフルエンサーのシェアリングエコノミーです。

インフルエンサーというのは
最近流行りのインスタグラマーや
HIKAKINなどのYoutuberが代表的ですね。

世間に影響力がある人達のこと
インフルエンサーと呼んでいます。

世界中のインフルエンサーやSNSユーザーが、
インターネットや携帯やタブレットで、
ソーシャルメディアの
シェアエコノミー情報を掲載・発見・予約
インフルエンサーの売却買収
PRアンバサダーのマッチング
一つのでデバイスからさまざまな
LIVE型SNSユーザーに対して一括総Live配信
が実現可能となる。

企業側としてはインフルエンサーに
仕事を発注しやすくもなり、
インフルエンサー側としても
仕事を受注出来る環境が整います。

元々インフルエンサーに
オファーする際には
紹介手数料(平均40%)が発生していました。

しかしそういった手数料をカットできるので、
インフルエンサーと企業にメリットが提示できます。

また、契約もweb上で行えるため手間も省け効率的。

インフルエンサーマーケティングについて

2010年以降のソーシャルメディア群と
スマホの急速な普及を経て、
再びユーチューバーやインスタグラマーなど、
多様化したインフルエンサーが活躍する時代がやって来ています。

インフルエンサーマーケティング市場には、
吉本興業や集英社なども参入しましたね。

いわゆるインフルエンサーコマースの領域にも注目が集まり、
2018年を迎えた今を
「インフルエンサーマーケティング2.0」
とも言えるような状態ではないでしょうか。

ここ最近では若者のテレビ離れが進み、
ほとんどがインターネットを利用しています。

実際に2017年は

ネット広告がTV広告の予算を超えた
というニュースもあったくらいです。

今まではTVで活躍していた芸能人が
インフルエンサーとしては強力でしたが、
今は個人でも影響力を持つインフルエンサーが
多数輩出され、日々、増えてきています。

インフルエンサーマーケティング市場は
100億ドル規模の市場へ成長しているということで、
今後もまだまだ発展していくことが予想されます。

そんな市場に参入しているのがパトロン。

企業としてはインフルエンサーに
依頼をしたいとき、都度パトロンを購入します。

日々たくさんの企業で
新しい商品などが誕生しているので、
自然にパトロンが購入される
仕組みが出来上がっています。

購入する人がいる=価値が上がるので、
仕組みとしてはとても期待ができますね。

PATRONのポイント

PATRONはメンバーが
豪華ということもあり注目されています。

1000億円企業である
”EasyNet”、”RealNames”を
筆頭に数々の企業を立ち上げ、
成功に導いたTeare氏がPATRONのコアメンバーに。

ボードアドバイザーには、
IOTA創業チームの中心人物
David A. Cohen氏 や
CoinTelegraphの共同設立者である
Toni Lane Casserly氏が、
PATRONの創業時顧問へ就任しています。

すでに成功しているプロジェクトの
メンバーが参加していることもあり
期待してしまいますね。

また、ドバイで開催される
ドバイブロックチェーン最大規模
「ドバイインターナショナルブロックチェーンサミット」
で登壇が決まっていますので、
注目されるでしょう。

PATRONの参加方法

まず公式サイトにアクセスします。
PATRON ICOのページ

①右上のsign upをクリック

②必要事項を入力します。
自分の名前、メールアドレス、
パスワード、および予定投資額を記入して、
“I accept terms and conditions(契約条件に同意します)”
“I am not a US or the P.R.C citizen(アメリカや中国の市民ではありません)”
のチェックボックスをオンにして”SIGN UP”ボタンをクリック。

③メッセージが表示されたら、メールボックスをチェック。

④送信されてきたメールに記載されているURLをクリック。

⑤メールアドレスとパスワードを入力して”SIGN IN”をクリック。

⑥Purchase PATをクリック

⑦ボーナス割合を確認し、購入数量を選択、支払い通貨を選択し送金アドレスを取得

⑧取引所及びウォレットから購入したい数量の通貨を送金して完了。
※ETHの場合は取引所から送金せずに、必ずERC20に対応しているウォレットから送金してください。

これでICO参加は完了です。

⑨携帯認証を実施
セキュリティ向上のため認証作業を実施してください。
『My profile』から携帯電話番号を登録するとショートメールが届くのでcodeを入力し設定します。

⑩本人認証の実施
PATRONのトークンを購入するとメニューに
『Profile Verification』が表示されます。
下画像はすでに提出済みの画像になっていますが、

Proof of IDの方に
セルフィーの提出『運転免許証etc』

Proof of residenceの方に
自分の住所が証明できるように
水道代・電気代などの明細が必要となります。

いずれもファイルをアップロードするようになっていますので、
写真を撮るなりし対応してください。

⑪トークン受け取り

トークンの受け取りには
MyEtherWalletなどERC20規格対応のウォレットが必要になります。

ウォレットを作成し、受け取りの準備をしておきましょう。
配布時期はまだ未定ですがICO終了後、パトロン側のアナウンスを待ちましょう。

PATRONまとめ

これからの時代、
インフルエンサーがとても重宝されます。

それはTVCMなどからインターネットに
宣伝広告費が移っており需要があるからです。

そして闇雲にインターネット広告を出稿するよりも、
インフルエンサーが宣伝することで、
そのインフルエンサーに興味関心がある人への
訴求効果があります。

そして企業とインフルエンサーが
winwinになる仕組みですので
普及していく可能性は非常に高いと思います。

PATRONにはすでに
1000名のインフルエンサーが登録済み。

インフルエンサーにトークンを支払えば、
ファンもそのインフルエンサーの
番組に出られたりするサービスも。

タイムバンクのような
使い方もされる事が予想されるので
広告費用だけではない需要も期待できます。

また創業メンバーも豪華で、
実績がある人たちが集まっている。

信頼性については問題ないと思います。

もちろん投資なのでリスクはありますが、
興味がある方は参加してみてはいかがでしょうか。


仮想通貨投資(トレード・ICO・マイニング全てにおいて)
は価格の変動が激しく元本割れのリスクがあります。
また想定外のリスクも起こりえますので
投資はあくまで余剰資金かつ自己責任で。

私藤原は
LINE@コミュニティを運用しております。

ご不明点・ご質問などコメントお待ちしております!

LINE@登録で下記の特典をお付けしています。

・LINE@会員専用サイトに無料招待

・投資金30万円を稼ぐ方法を提供

・LINE@でしか流さないマル秘ICO案件

【仮想通貨・ビジネス情報コミュニティ】
↓↓↓