2018年2月28日に、
ビットコインプライベート(BTCP)が
ハードフォーク予定ということです。

どのような通貨かというと、
ビットコインにZk-snark技術用いて
匿名性を加えたものらしいです。

今回はビットコインとZclassic(ZCL)を
保有している人に対し
1:1で付与されるようです。

ここ最近はあまりビットコインの
目立ったハードフォークはありませんでしたが
また出てきたか、というのが正直な印象。

価値が上がるかどうかは置いておいても、
実際に付与されるならもらっておきたいところです。

ビットコインとZclassic(ZCL)保持者に付与

今回はビットコインと
付与されるとうことで、
割合も1:1ということですから、
高額なビットコインを購入するよりも、
Zclassic(ZCL)の方が購入しやすいでしょう。

Zclassic(ZCL)とは

Zclassic(ZCL)はマーケットキャップで見てみると
49位(2018.2.15)に位置している通貨で、
昨年から30倍以上の価格になっている通貨です。

高騰の理由分かりませんが・・。

価格は150$ほどですから、
ビットコインよりも買いやすいですね。

付与先は?

ビットコインのハードフォークで気になるのは付与先。

今のところあまり情報がありませんが、
Bainanceとは交渉しているようですね。

過度な期待は禁物ですが、
もしかしたら儲かるかもしれませんね。


仮想通貨投資(トレード・ICO・マイニング全てにおいて)
は価格の変動が激しく元本割れのリスクがあります。
また想定外のリスクも起こりえますので
投資はあくまで余剰資金かつ自己責任で。

仮想通貨HOT情報ナビでは
LINE@コミュニティを運用しております。

ご不明点・ご質問などコメントお待ちしております!

LINE@登録で下記の特典をお付けしています。

・LINE@会員専用サイトに無料招待

・投資金30万円を稼ぐ方法を提供

・LINE@でしか流さないマル秘ICO案件

【仮想通貨・ビジネス情報コミュニティ】
↓↓↓